2010年07月14日

参院選の結果に思う

今回民主党は惨敗だった。逆に自民党は躍進。
しかし、国民は自民党に期待したというより、民主党への戒めだったのだろう。

消費税は自民も言っていたことだから、これ自体が問題ではなく、党としての考えが一貫していなかったので、国民が不信感を持ったということだろう。

普天間が元に戻ってしまったこと、鳩山氏・小沢氏の問題なども尾をひいたようだ。

地方はやはり歴史がある自民がやはり強い。

今回公明が自民に入れたのも響いただろう。創価は民主を嫌っているのではなかろうか?

今回も投票率悪かったな。
国民の義務なんだから、選挙には行かないと。


タグ:参院選
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。