2010年04月20日

上海万博PRソング"盗作問題

ネット上で盗作疑惑が騒がれた上海万博PRソング"2010年はあなたを待っている"は、万博当局が岡本真夜さんに対して楽曲使用の申請を行うことにしたのがわかった。

実際ふたつの曲の楽譜を見てみたが、同じ曲としか思えない。

私は盗作というので、よく似た部分はあるだろうが、少しは違う曲だろうと思っていたら、同じ曲という以外にないものだった。
一時ブームだった「冬のソナタ」のテーマ曲は、雅夢(がむ)の「愛はかげろう」によく似ていたが、この場合は盗作だと騒ぐまではいかない範囲のものだった。

小林亜星の「どこまでも行こう」と服部克久の「記念樹」は似すぎているので盗作と言われてもしかたないかというのが私の考えだ。

万博当局は実質盗作を認めたようなものであるが、うやむやにしてしまおうとしているようだ。

今回の場合、最初から岡本真夜に楽曲の使用を求めればいいものを。

「この曲、そんなにいいかな?たいしたことないじゃん。」というのが私の正直な感想だ。

タグ:盗作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。