2010年06月10日

菅内閣誕生で

久々に2世でも3世でもない総理が誕生した。

菅さんが総理になることによって、民主党の支持率がぐんと上がった。
幹事長が変わったことも大きい。

新しい顔になったことで、国民は期待しているということだ。

これで参議院選挙も民主党は安泰だろう。

鳩山さんの悪い所は、できもしない事をやるやると言ったことだ。
しかし、国民のことを考えていた人だと私は思う。

新しい顔ぶれの政治に期待したい。

是非議員の数を減らしてほしい。

悪口ばかり言っている野党は必要ない。


ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村
タグ:菅内閣

2010年06月04日

『告白』湊 かなえ

「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。 第29回小説推理新人賞受賞。


書評

第一章「聖職者」が小説推理新人賞を受賞した、作者のデビュー作。
映画化されるというので読んでみた。この作品好き嫌いがあるだろう。読んだ後味は良くないが、考えさせられるものはある。でも救いようがないよね。

現代社会や教育界の問題点をこの作品に見ることができた。

私は、渡辺 修哉の性格を形成してしまったのは、母親に原因があると思う。一番の間違いはこの母親が渡辺の父親と結婚したこと。全ての悲劇はこのことに端を発していると思う。

渡辺 修哉と関わったことによって数人の人間が不幸になっていった。幼い頃の母親と子供のあり方というのは人格形成において非常に大切だなと思った。

評価 B

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
タグ:湊 かなえ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。